今日も来てくれて、ありがとうございます♪
子育て主婦せどらーさっち姉です。

 

 

 

 

今日は、回転率のお話をしようと思います。
『利益率』も大切ですが、やはり『回転率』
も無視はできません。

 

 

 

 

例えば、あなたがお店を
経営してたとします。

 

 

 

 

そこにお客様がきて
朝からコーヒーを一杯だけで
夜までいられるのはキツイですよね。

 

 

 

 

それよりも、お客様が食べて
お金払って、また次のお客様が来て
食事して、また次のお客さまがって

 

 

 

 

感じで、回転がいいほうが1日の
売上はあがりますよね。

 

 

 

 

それと同じで、在庫をずっと抱えて
おくよりも、回転した方がせどりも
儲かります。

 

 

 

 

でないと、資金も回らなくなっちゃいます。

 

 

 

でも、自分の在庫数や在庫金額を
キチンと把握してない方も多いのでは
ないでしょうか。

 

 

 

 

ツールを使って資金や在庫管理を
してるって方も居るでしょうが、
ここを理解することは、稼いで
いくにはやはり、大切なことです。

 

 

 

 

では実際に算出してみましょう!
例えば、1ヶ月に1回転させたい場合は
どのぐらい、1日に売れたらいいのでしょう?

 

 

 

 

1ヶ月に仕入れた商品個数÷30日=1日に販売する個数

 

 

 

 

例えば、
1ヶ月に50個仕入れた場合は、1日に1個売れればいいことに
なりますよね。
100個の場合は、1日に3個となります。

 

 

 

 

これは1ヵ月で計算したのは、カードで
支払った場合には、1ヶ月後には支払いが
やってきますので、資金ショートしないためにも
1ヵ月1回転が理想ではないでしょうか。

 

 

 

 

もし、1ヶ月半後であれば、30日の部分を
45日で計算すると、1日に売り上げる
個数が算出されます。

 

 

 

 

更に詳しく計算方法を出しますと
商品回転率(在庫回転率)=1年の売上げ÷平均商品在庫高

 

 

 

 

例えば毎月の平均在庫金額が25万円
売上の平均が毎月50万円だったとします。

 

 

 

 

この場合の在庫回転率は

1年の売上げ(50万円×12ヶ月=600万円)÷平均商品在庫高(25万円)

在庫回転率=24回転

 

 

 

 

1ヶ月に換算すると
24回転÷12ヶ月=2回転。

 

 

 

 

1ヶ月で商品が2回転していることになります。

※平均在庫が50万で売上が100万の場合も
同じ、2回転となります。

 

 

 

 

そして、商品を仕入れてから販売するまで
どれぐらいの日数が必要かという目安は、

 

 

 

 

在庫回転日数=在庫金額÷1日当たりの売上高

先程の例でいくと
在庫金額は25万円
1日当たりの売上高は50万円÷30日で1.6万円

 

 

 

 

25万円÷1.6万円=15

在庫回転日数は15日になります。

 

 

 

 

この2つの式を使って
毎月50万円を売上るためには
平均して在庫を25万円分は
持たなければいけないということがわかります。

 

 

 

 

言い換えると
常に在庫金額を25万円以上に
しておけば売上50万円は
確保できるということです。
※在庫数を50万以上にしておけば
売上100万の場合はキープ出来ます。

 

 

 

 

これによって目標売上に対して
1ヶ月にどれだけ仕入れを
したら良いかが明確になります。

 

 

 

 

 

まずは50万、次は100万とい感じで
ムリがない、目標設定が大切です。

 

 

 

 

話は戻しまして、先程の
話の例でいいますと、
在庫回転日数は15日ですので
全く仕入れをしなかったら
15日で在庫がなくなっちゃうと
言うことになります。

 

 

 

 

ですので15日間の間に
25万円の仕入れをしておけば
在庫が常に確保できて

売上を安定させることができるわけです。

※100万の売上の場合は50万の
仕入れを基準にして行きましょう。

 

 

 

 

こうやって、利益率もそうですが
回転率を数字で表していくと、
わかりやすくなります。

 

 

 

 

せどりも立派なビジネスなのですから
まずは、ご自身の在庫の回転率を
キチンと把握して、どのぐらいの
在庫を入れておけばいいのか、
日々どのぐらい仕入れをしたら
いいのかを理解して仕入れをしてみてください。

 

 

そして、なかなか売れない場合は

キチンと価格改定をして金額を

調整して回転率を上げて行きましょう。

 

 

 

では、今日はこのへんで~
まったね~